スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームステイ先出発→ロサンゼルス着

金曜日→Pizza Partyが終わった夜に、Maconの友達のKirkがボストンの音楽学校に通っているチェリストを連れてきてくれた。前々から口約束はしていたけど、まさか離れる直前に会えるなんて思ってもみなかった。Aaronという学生なのだが、7歳からずっとチェロをやっていたらしい。試しに自分の借りたしょぼいチェロを貸したら、いろいろなコンチェルトを弾き出した。コンチェルトを弾ける人なんて実際腐るほどいるのだろうが、彼はいままで会ったどんな学生チェリストよりも音楽性があり、楽譜に忠実かつ、いかにも遠くまで響きそうな音だった。
やっぱり大学で始めたオレは勝てないなぁとは思ったけれど、大きな刺激になった。フィラ管もこっちで聞いたけれど、アメリカの弦楽器奏者もやっぱりプロは素晴らしいということがわかった。シカゴ響の金管に代表されるようにアメリカといったら金管楽器という勝手なイメージがあったが、弦楽器も決して負けていない。ウィーンとかドイツでオーケストラを聴いたらまた考え方が変わるかもしれないけどね。
この日はチェロも少しだけ個人レッスンしてもらって就寝。MaconやKirkは友達が多く、集中ホームステイ先にいろんな高校生を連れてきてくれるから楽しかった。
この日はKirkと会うのも最後。彼の英語はあまりにもbrokenなので、最後まで言ってることはよくわからなかったがこんなに親しく関わってくれたことに感謝をしている、この日は写真を一枚とって、またfacebookで会おうと約束を交わしてお別れをした。まだ明日ここを離れるという実感はなく、夜も特になんも考えず普通にぐっすり寝た。

土曜日→この日は午前中ホームステイ先のLizにPost Officeに連れていってもらった。なぜかというと日本に持ち帰る荷物があまりにも重すぎるから。おそらくすべての荷物で計50kg弱になってしまったと思う。無理矢理ケースに詰め込んだはいいものの確実に腰を痛めるレベルの重さだったので仕方なく船便で送ることにした。2週間くらいかかるらしいからちょうど観光し終わって日本に帰って数日したら届く計算だ、素晴らしい。
でも本当に先輩の言っていた通り、日本の教科書はほとんど見ることはなく、ただのお荷物になっただけだった。
普段から忘れ物が多いので、この日はステイ先に何も忘れないよう細心の注意を払い荷物を整理した。ここには書けないが、アメリカでいくつか重要なものをなくしてしまった。ここで同じヘマをしてしまったら本当に情けないので、離れる1週間前くらいから着々と準備を進めた。
自転車は300$以上もしたのに2ヶ月しか使っていなかったから、売ろうと思ったがタイミングが悪く200$で売る絶好のチャンスを逃してしまった。来年UNCに行く学生は絶対いると思うが、もしこの家を選んだら自転車は間違いなく必要だから100$で2ヶ月貸すというふうにしようかなと思っている。もし、実習終了後に代わりに自転車を売ってくれたら、半額にするっていうプランが最高。
フライト前の3時にMaconに空港まで送ってもらうことになった。最後にステイ先を離れる時は、LizもSpenceもとても悲しそうな目をしていた。気がする。
この2ヶ月間、本当にお世話になった。買い物、プロ野球、教会、ミュージカル、演奏会などに車で連れていってもらい一緒に楽しんだ。ステイ先の夕食はちょっと値段は高かったけれど、毎日ヘルシーな食事で、日本人の僕らのために毎食かならずご飯を炊いてくれていた。僕はおかわりすることが多く、Big Eaterと言われていたがそれほどここのご飯は美味しかった。たまに夕食が豪華な時があるのだが、Spenceは以前シェフをやっていたこともあるから、レストランで食べているような味で最高だった。名古屋では自炊も面倒だったので、ほとんど毎日近くの定食屋で夕食を食べていたけれど、やっぱり他の人と会話を楽しみながら食べるご飯は格別だということに気づいた。長年忘れていた家族と一緒にご飯を食べるという経験をアメリカでできたことはとても嬉しいことである。
アメリカの一般的なホームステイというのはただ単に家の一部を貸し、金を払うという形でこのように一緒にご飯を食べたりすることはない。だから普通は極めて浅い関係で終わるのだ。けれどこの家族は違った。ステイ先の家族はみんな自分たちにとても興味を持ってくれるから、会話も弾んで楽しかった。
こんな素晴らしい家に2ヶ月滞在させてもらったことは人生の宝だと思っている。
Lizはとてもハキハキとした元気の良いおばちゃんだったが、別れる時は目に涙を浮かべていた。こんな迷惑ばっかかけていた自分が離れるのを寂しく思ってくれて感慨深い思いになった。一方Spenceは見た感じ、すこし恐い形相をしていることが多いがユーモアのあって優しいいいおじさんである。道にゴミが落ちていると車を降りて拾うくらいいい人なのだ。この日はいつになく無口で淡々とお別れの挨拶を交わした。けれど、自分と同じように抑えがたい感情を抑えようとこらえているような感じがした。最後にはハグをして、Maconに空港まで送ってもらった。
空港に着くと、Maconともお別れの挨拶をした。MaconはこれからKirkと同じ大学に通うことになるらしい。高校もあと2週間で終わるから友達に会えなくなることが寂しいといっていた。大学に入ったら暇な時間を見つけて日本に遊びに来るよと言ってくれた。
研修医で忙しくしているかもしれないが、彼にはたくさんお世話になった。特に彼との思い出で一番心に残っているのはチェロとギターで二重奏をやったこと。これはパソコンに収めてあるから、消えても困らないようにあとで必ずbackupを作ろうと思う。
この後はロサンゼルスへ向かいホテルへ泊まった。また一つ大きなお別れをした。今日からはひとときの一人旅を楽しもうと思う。
今回はMaconと一緒に演奏した動画付きです。

Ashokan Farewell With Macon

[広告] VPS
P1010483.jpg
P1010484.jpg
P1010481.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。